NOT FOUND

Mr.Childrenやスキマスイッチ等のレビューを。

くるり 「さよならストレンジャー」

どうも、ゾロアです。

4月、本ブログへの総アクセス数が、2万を超えました!!

読んでくださった方々に、心よりお礼申し上げます。

 

さて、今回紹介するアルバムはこちらになります。

さよならストレンジャー

さよならストレンジャー

 

《収録曲》

  1. ランチ
  2. オールドタイマー
  3. さよならストレンジャー
  4. ハワイ・サーティーン
  5. 東京 ~アルバムミックス
  6. トランスファー
  7. 葡萄園
  8. 7月の夜
  9. りんご飴
  10. ブルース

 

 

はじめに

1999年4月21日に発売された、くるりの記念すべき1stアルバム。

まずは、くるりというバンドについて、簡単に紹介します。元々は、立命館大学の音楽サークル出身で同級生だった岸田繁さん、佐藤征史さん、森信行さん(通称もっくん)の三人で結成されました。バンド名の由来は結成当時の京都市営地下鉄の案内板の矢印が「くるり」となっていたことから。そんな遊び心が満載の名前ではありますが、岸田さんを初めとした、彼らの演奏する楽曲の数々にこめられた溢れるばかりの才能は、聴く人の心を震わせるばかりなのです。

デビュー前には、カセットテープ『くるりの一回転』や、インディーズアルバム『もしもし』『ファンデリア』が発売されました。

 

そして1998年10月、メジャーデビューシングル『東京』を発売しました。そこからくるりのメジャーバンドとしての活動が始まります。1999年2月には2ndシングル『虹』をリリース。そしていよいよ本作『さよならストレンジャー』の発売となります。

このアルバムですが、これまたとんでもない名盤なんですよぉ

1曲目から切なくて泣きそうになる「ランチ」。かと思えば2曲目、3曲目では連続して疾走感あふれる、自身のライブでも定番の「虹」「オールドタイマー」。歌詞を聴くたびに懐かしい気持ちにさせられる「さよならストレンジャー」「東京」「トランスファー」「7月の夜」「りんご飴」。さらには、実験的なインスト曲「ハワイ・サーティーン」「葡萄園」。突然の発狂がただならぬ衝撃をもたらす「傘」。そしてラストはなんといっても感動の名曲「ブルース」。そして最後の最後に「ランチ」の続きが流れてこのアルバムは終わるわけです。

 

始終通して、聴く人をどこか懐かしい気持ちにさせる。心を掴んで離さない名盤です。

それでは、全曲解説コーナーで、詳しく語っていきましょう!

 

続きを読む

弘前公園2018

今年も行ってきました!

f:id:CSQG:20180522212710j:plain

散ってたらどうしようかと思ってたけど、この時の弘前はかなり満開でした♪

f:id:CSQG:20180522213433j:plain

たか丸くん。迎えてくれました。今年で、100周年だったんだね。

 

 

f:id:CSQG:20180522212701j:plain

弘前公園って、桜は勿論きれいだけど、門も立派でステキなのよ。

 

f:id:CSQG:20180522212705j:plain

f:id:CSQG:20180522212657j:plain

f:id:CSQG:20180522212654j:plain

真っピンクのシダレザクラ弘前名物の一つですね。

 

f:id:CSQG:20180522212915j:plain

f:id:CSQG:20180522212907j:plain

なんといっても、赤い橋。月も川の絨毯もいっそう輝いて見えます。

 

f:id:CSQG:20180522212911j:plain

わぁ!これは大きくて立派な門だなぁ。ある意味、本日のベストショットかも。

 

f:id:CSQG:20180522212904j:plain

f:id:CSQG:20180522213040j:plain

そして、お待ちかねのお城ですよ。「月と桜と天守閣」ですね。綺麗です。

 

f:id:CSQG:20180522212901j:plain

f:id:CSQG:20180522213037j:plain

f:id:CSQG:20180522213034j:plain

 

屋台で買ったやきとり。温かいそばもいただきました。

f:id:CSQG:20180522213430j:plain

 

川のほとりの桜並木道。涼しくて気持ち良かった。

f:id:CSQG:20180522213029j:plain

f:id:CSQG:20180522213026j:plain

f:id:CSQG:20180522213356j:plain

 

ハート形になっている場所も、ガッツリ撮ってきましたぜ。

f:id:CSQG:20180522213351j:plain

函館山のライトアップにもこういうのあったなぁ。恋愛運上がるといいなぁ。(笑)

 

f:id:CSQG:20180522213348j:plain

f:id:CSQG:20180522213344j:plain

f:id:CSQG:20180522213340j:plain

なんて綺麗な形の絨毯。今年も美しい景色をありがとう。おめでとう100周年。

 

 

おまけ。帰り道のとある居酒屋(?)にて。

f:id:CSQG:20180522213427j:plain

まさかのポプテピピック。(店名はいちおう伏せました)

 

ちなみに、去年(2017年)のやつは、こちら

今年の桜(と、その他の春の写真)

この間までは、ピンクのつぼみでした。綺麗。そして可愛い。

f:id:CSQG:20180419221314j:plain

f:id:CSQG:20180419221306j:plain

 

昨日見に行ったら、五分咲きくらいで、つくしも顔を出していました。

f:id:CSQG:20180422233108j:plain

これは、もしかしてこの春のベストショットかも!?

 

f:id:CSQG:20180422233058j:plain

f:id:CSQG:20180422233306j:plain

f:id:CSQG:20180422233315j:plain

f:id:CSQG:20180422233041j:plain

 

f:id:CSQG:20180422233929j:plain

梅も満開ですね。綺麗で、うっとりします。

 

で、今日。殆ど満開になってました。

f:id:CSQG:20180422233015j:plain

f:id:CSQG:20180422233326j:plain

 

f:id:CSQG:20180422233023j:plain

たんぽぽも、可愛く咲いています。太陽のように眩しいぜ……!

 

28日は弘前公園に行きます。散ってないといいんだけど。今年も綺麗に撮りたい。

山崎まさよし 「LIFE」

どうも、ゾロアです。

先日インフルエンザに感染してしまいましたが、今はこの通り回復済みです♪

 

さて、今回紹介するアルバムは、こちらです。

LIFE(特別盤)

LIFE(特別盤)

 

 《収録曲》

  1. 贈り物
  2. イオニア
  3. ターミナル
  4. Take Me There
  5. さなぎ
  6. 光源
  7. 空へ
  8. ポラロイド写真
  9. アンドロイド
  10. カゲロウ
  11. 紛失
  12. 君の名前

 

はじめに

2016年12月に発売された、山崎まさよしさん、11枚目のアルバム。

実は本作、僕が高校受験の勉強をしていた頃に、リアルタイムで聴いていた一枚です。中3になった直後あたりから山崎さんの曲を聴いていたので、あのタイミングでの発売は本当に嬉しかった。なので、当時からよく勉強中のBGMとしても聴いておりました。

さらに無事、高校に合格が決まって中学を卒業した3月に東京旅行に行ったんですね。その帰りの新幹線で、窓の景色でも見ながらこの曲を聴いていたんですけど、その一曲一曲が感動的過ぎて、思わず泣けてきちゃったんですよ。それは勿論、自分がもう卒業するっていう立場にあったからでしょうけど、これはそれだけ泣ける名盤なんです。

なので、個人的にも、かなり特別な思い入れがあるわけですよ。(^^)♪

 

2016年の映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の主題歌になった「空へ」。

「贈り物」「ターミナル」「光源」「カゲロウ」などのゆったりとした曲。その中でもかなりの泣ける名曲である「ポラロイド写真」「君の名前」。かと思えば「さなぎ」「紛失」のような初期の山崎さんを思わせる発狂寸前のロック曲。アップテンポでライブでも盛り上がれそうな「パイオニア」「Take Me There」。そのどれもが名曲なんです。あの大名盤『ド ミ ノ』にも、まるで引けをとらない作品です。

きっとこれらの名曲、名盤は、あなたにとっても大切な一枚になってくれるはず。

 

それでは、毎度恒例の、全曲解説コーナー!!

 

続きを読む

インフルエンザB型

昨日の夜からどうも熱っぽいし、数日前から関節痛なのか体が痛くて。で、今日の深夜、あまりに具合が悪く、起きて熱を計ってみたら、37.6℃。
朝起きても熱は下がらなくて。


で、午後、病院に行って検査を受けたところ、結局インフルエンザB型であったことが発覚。
実は、1月末~2月上旬に、妹、母、父と立て続けに感染しちゃって。(妹は陰性だったけど)
でも、なんだかんだ言っても、家族で俺一人だけは今までかからなかったし。3月も中旬だし、今年はかからないだろう、と調子こいていた矢先に…。
やっぱり、2~3月はどうしても忙しくなるから、疲れが溜まっていたのもあるんだと思う。1週間ゆっくり休めということですね。


今、布団の中にこもっているわけですが、枕元でCD聴いたりラジオ聴いたりしています。
復活までしばらくの間はこれだけが救いですね。



学校復活するまでに、課題やらなきゃいけないのか。なかなかの分量だけど、終わるかな??
というか、26日は軽音の卒業ライブだから、練習しなきゃダメじゃん。病人に容赦ねぇ……。


みなさん、どうか体調には気をつけて。



あと、レビューに関してですが、今月中に1作投稿しようと思っています。

「Suga Shikao Hitori Sugar Tour 2018」青森公演

f:id:CSQG:20180309235654j:plainf:id:CSQG:20180309235724j:plain「Suga Shikao Hitori Sugar Tour 2018」青森公演
終わりましたー!!


まず、開場の時に整理番号ってのがあって、それを一つずつ呼ばれた人から入っていくんだけど、待っている間が寒くて、凍え死にそうだった……。ま、中に入ってからは、割りと暖かかったけど。
真冬か雨降ってたりしたら、大変だったよ。

以下、ネタバレあるので、悪しからず。

続きを読む

卒業式にて

今日の卒業式でさ。(俺は在校生の側ね)

 

卒業生が退場したあとに、来賓の方が退場する時のことだったんだけど。

その人たちのなかに、俺が通ってた中学校の元教頭先生がいたのよ。

今、別の中学校で校長先生やってるらしいけど。

 

でさ、その教頭先生なんだけどさ。

俺が中1の時に、秋だったか冬だったか、職員室で会ったときに、

「おめぇ、春から背伸びたな~」

って言ってくれたのね。

 

それから月日がたって、中3の時。もう中学校を卒業する直前のことだったんだけど。

廊下で教頭先生とすれ違ったときに、

「元気でやってるか? そういやおめぇ、この3年間でずいぶん背伸びだっきゃなぁ~」

って、またそう言ってくれたの。

 

それを言われた瞬間、俺のなかで中学校3年間の思い出がワァーッとよみがえってきて。

思わず泣きそうになっちゃったんだよね。当時は泣かなかったけどさ。

この3年間、俺のことちゃんと見ていてくれたんだなあって、嬉しくなっちゃってさ。

本当に思い出深いことばだったなぁって、改めて思った。

 

そのことを、やっぱり今日も思い出しちゃって。

もう中学校卒業から1年経つんだね。

俺は今でも、元気で高校生活送ってます。


その教頭先生をみた瞬間が、今日の式の中でいちばん感動的だった、ってのはここだけの話ね。